私が膀胱炎になったのは、20歳の時でした。

バイトをしていて、トイレにいく時間がなかった時、なってしまいました。

その時の症状としては、一番辛い事として頻尿があります。

トイレに行ったと思ったら、また行きたくなるのです。

そのときは、なれることができず、とても辛かったですね。

そして、次に辛いと思ったのは残尿感です。

いつも尿意を感じている状態です。

そのため、極端に集中力を持つことができなかったのです。

勉強をしようと思っても、全くできない状態でした。

また、排尿時痛も辛いです。

それは毎回あったので、これでは大変と思っていました。

そして早く治したいという、そんな気持ちになったのです。

そのため、直ぐに病院を受診しました。

たまたま自宅の近くに泌尿器科があったので、助かったと思っています。

そこで症状を言うと、直ぐに膀胱炎だろうと診断をされたのです。

そして内服薬を処方されました。

その薬は、クラビットです。

それは、何かの症状の時に、内服をしたことがあったので、飲んだことがあると思ってホッとしたことでした。

やっぱり飲んだことがある薬だと、ホッとすることができます。

副作用など気になりますからね。

そしてそのクラビットを3日間飲むことによって、少しづつその症状が改善して行きました。

それは、はっきりと治ったという感じではなく、少しづつ症状がマシになって行った、そんな感じでした。

大体、5日間ぐらいですっかり治ったという感じです。

治った時には、とてもホッとしました。

トイレに再々いく必要がなくなったので、とても安心をすることができました。

膀胱炎は、日常生活が不自由になります。

そのため、それらの症状があるので、直ぐにでも治したいと思います。

トリキュラー28最安値