私は昔からお手洗いへ行く事を我慢してしまうことが多く、気を抜くとすぐに膀胱炎になってしまいます。

軽い症状から重くて病院へ行く時までありますが、膀胱炎になりそうと思った時は早めに身体を温めながら水分補給をする事を心がけています。

軽い膀胱炎の場合は水分補給とお手洗いへ行く回数を増やす事で自然と菌も排出する事が可能ですが、重くなってくると残尿感が酷くなるだけでなく血尿がでてきてしまう事もあります。

ここまでくると自然に治すことが不可能になりますので早めに病院へ行くようにします。

病院で膀胱炎かもしれないと伝えると、尿検査をして薬を出してくれます。

よく処方されるのは、抗生物質(私の場合はフロモックス)で、決められた日数しっかり飲むと自然と緩和していきます。

そこでお医者さんに必ず言われるのは『水分をしっかりとって尿と一緒に菌を早く出す事が大切』なので、初めの方に書いた水分補給とお手洗いにしっかり行くという事がとても大切だと思います。

若い女性はミニスカートを履いたり、仕事上お手洗いに行けない状態が多く膀胱炎になりやすいと思います。

私も主婦になった今より若い頃の方が膀胱炎になる回数が多かったです。

それはお手洗いに行く事が恥ずかしかったり、冷房が効きすぎている環境の中でもお洒落の為に下半身を冷やすような格好をしていたのが原因ではないかと思います。

病院が開いている時に膀胱炎になればいいのですが、必ずしもそんな状態じゃない場合もでてきます。

なので、膀胱炎になりそうという予感(トイレに行けてない、残尿感が少しある)に気づいたら、早めに水分補給をはじめて菌を身体から出すようにすれば病院へ行く事も市販薬を使う事もなく治すことができると思います。

トリキュラー通販